記事の詳細

お釈迦様の言葉に「天上天下 唯我独尊」という言葉があります。

ふつう、唯我独尊というと”世の中で自分ほど偉いものはいない”という意味で使われますが、

本来はそうではありません。

それでは、本当はどういう意味なのでしょうか。

明治36年生まれ、26歳の若さで亡くなった天才童謡詩人、金子みすずさんの有名な詩に次のようなものがあります。

『私と小鳥とすずと』

“わたしが両手をひろげても、お空はちっともとべないが

とべる小鳥はわたしのように、地面をはやくは走れない

わたしがからだをゆすっても、きれいな音はでないけど、

あの鳴るすずはわたしのようにたくさんな歌はしらないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、みんなちがって、みんないい”

お釈迦様のいう唯我独尊とは、この世の中で、みんなそれぞれにお互い自分というのは、かけがえのない尊い存在であり、かけがいのない尊い命であるということです。

‘みんなちがって、みんないい’

お互いにみんなそれぞれ尊い存在です。お互いの違いを認め理解し合うことが大切ですね。

 

NPO法人フェニックス・ジャパンでは、個性を伸ばす指導を続けていきたいと思います。

関連記事